スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記

庭園

20080223183436
盆梅展会場の庭園です。雪がまたいい。
スポンサーサイト

日記

雪の近江路~鴨とお梅を求めて~

20080223183307
職場のお母様とお姉様と、初にお目にかかる大先輩たちに連れられ、長浜へ盆梅を見に行ってきました。
関ケ原辺りから突然雪景色で、長浜はどうだと心配してたら案の定長浜の町中も雪が積もった状態でした。週の初めにドカっと降ったらしいですね。

会場である慶雲館へ入ったら、漂ってくる梅のいい香り。鉢でこんな立派な梅が育てられるんだ!と感心しながら一通り観て、お抹茶とお菓子もいただいて大満足。

今回は梅を観賞することに加えて、鴨鍋を食べるという目的もありました。
車を湖北へ向かわせながら琵琶湖に浮かぶ鴨を見ては「今日の昼ご飯!」と騒ぐ御一行。
琵琶湖のほとりにあるお店で、鴨鍋をいただきました。本格的な鴨鍋は初めてだったのですが、あまりの出汁の旨さに箸が止まらない!美味な日本酒もいただきながら、餅にうどんに、雑炊にとしっかり最後まで食べ尽くしてしまった。初めに出た稚鮎の串焼きも美味しかったな~。

鴨を堪能しているうちに、外は吹雪で大変なことに。食後はすぐ近くの野鳥センターへ行って野鳥ウォッチングをしたのですが、琵琶湖が波立っているので防波堤近くに避難している鴨くらいしか観られませんでした。白鳥とか観ることができるそうですね。
最初、野鳥センターと聞いたときは冷や汗ものでしたが(鳥嫌い)、生きてるものはいなくて助かった…。鴨は食べたけどさ。←鶏は食べたくないんだけど、鴨肉は何故か食べられるんです。親には我儘だと言われますが。

今回は梅と鴨にポイントを絞った近江行きでしたが、今度はじっくりと長浜散策をしたいな~。暖かくなったらドライブがてら行ってこようかな。

日記

聖なる夜です

運命の歯車はいくつ狂ったんだ?な夜です。
こういう日こそ、参宮橋駅付近に詣でなきゃね…(詣でるのか?)。ってか、凍えます。
今朝もすごい冷え込みで、庭にある瓶の氷を見たら(というか足でつついたら)固くて分厚くてびっくりした。雪もちらつきましたしね~。
乾燥肌、冷え性な私は暖かい春が待ち遠しい…。

日記

解放日

レポートやら発表やらスピーチは嫌だったけど、一時期は毎週のようにあった研修は、実際のところ嫌いじゃありませんでした。
いつもの業務から解き放たれる時間。…貴重な時間だったよ。四月からはこれがないだなんて。

本日、地区の新人研修が最終日で、「この席ともこれで最後か~」と同期と感慨に耽ってしまいました。
四月からは2年目らしくなれるのかしら…。

夜、とうとう我が家の風呂が壊れ(母親曰く「爆発した」らしい←ボイラーから煙がモクモクは私も見た)、隣の市のお風呂屋さんに行ってきました。極寒に露天風呂はいいですね。こんな生活が一週間ぐらい続きそう。

日記

憂鬱タイム

日から出勤の休みの日最後の夜という時間って憂鬱ですね。
特に今夜は明後日の研修での発表準備をしたくなくて結局テレビばかり観てました…(明日の夜焦るのは自分だ)。

昨日借りてきた映画2本とも妻夫木くん主演で、自分が妻夫木ファンなのかと一瞬疑った(違います)。
「春の雪」と「涙そうそう」だったのですが。
2作品に共通して言えること。つまぶっきーが咳をし始めたら要注意!!!清様もにぃにぃも……。

作品を観ながらも、来年はこの人がNと呼ばれちゃうのね…と思うと、何とも言えない気分でした(何故)。愛の兜を上手に着こなしてね~。

日記

人はそれを恋と呼ぶのよ!

「KIDS」感想。
この人間が語ると、どうしても腐った感想になるのでそういうのが苦手な人は、回れ右!

身体にも、心にも、傷を抱えた人たちの話でした。そんな人物を、徹平くんもたまっきーも、千明ちゃんもすごいリアルに演じていて、ぐいぐいストーリーに引き込まれてしまった。こうしてしまうのはどうしようもないことだよね~と納得してしまいながら。アサトの母親役の斎藤由貴さんにも、怖さを感じながらも頷いてしまうところがあった。そうだよね~自分の息子が手に負えない力を持っていて、そのせいで家庭が崩壊していくなんて何かのせいにでもしなきゃ正気を保っていけないよね…。

マッキーの主題歌がとても話に合っていて、エンドロールの最中も食い入るように見入っていました。歌詞の「自分に生きていく価値を見つけられないならば誰かの幸せの小さなきっかけになりたい」には、怪我をしている人を放っておけず自分の身を犠牲にしても傷を引き受けてしまうアサトの心の闇を感じた気がしました。だからこそ、交通事故のシーンで、アサトが助けた人たちが赤ちゃんとその母親を救助できたことで、アサトは自分の存在を肯定された気がしたんでしょうね。

アサトを初めてみた時からアサトが気になりどうしようもないタケオにはついつい、これを恋と言わずして何を恋と言ったらいいのだ…と呟きそうになったよ。実際に、タケオってばアサトのこと好きすぎ。
「お前一人ぐらい俺が支えてやる」って熱いですよね。プロポーズ!?って思ってしまうぐらい。友に言うにしては、熱すぎ!(笑)まあ、アサトの「傷の深さも痛みも二人で半分こだね」も可愛すぎなんですが。イイ年して!

徹平くんの影のある微笑、たまっきーの粗野な中にも優しさが垣間見える演技には、惚れ惚れです。ゴーカートでとーっても嬉しそうなタケオはたまっきーの素だそうで、笑ってしまいましたが(笑)。この白樺湖へのドライブは、前の職場での仕事で一年半前に行ったルートを通ったので「この景色は!」と懐かしく思いながら観てました。

アサトのもとにシホが戻ってきたのは嬉しいことなんだけど、タケオがかわいそうなんで、三人このままわいわいやっててください(笑)。タケオ視点で物語が作れそう…(爆)。アサトはボケボケだからタケオは苦労すると思うけど←既に妄想モードON。

たまに突っ込みも入りそうになりましたが(事故のシーンとか)、いろいろなことがツボにハマりすぎだったのでこの映画には大満足です。まずキャスティングが大成功だったと思うんですが。原作ファンにはどう思われてるのかな~。設定大幅変更で。大人でも痛々しいんだから、小学生だともっと痛々しいよ…。

今日、カードの更新しにレンタル屋に行ったら、マッキーの「Firefly」が一枚だけ残っていたので借りてしまいました。早速車に吸い込んだり、家ではリピートしまくったりどっぷりKIDS世界にハマりこんでいます。

日記

そこは雪国

20080210000916
映画館を出ると、一面真っ白になっていてびっくり。入った時はなんともなかったのに!

今日は、僻目ちゃんと「KIDS」観てきました。その後、僻目家の庭でちょいと雪遊びをしてしまったのです(何歳だよ)。

映画語りはまた明日。

日記

バリコピ

20080206223244
妹ってば何コピコピ言ってるんだと思ったら、コピってコーヒーのことだったんですね。←バリのことを何も知らない私。
粉を沈殿させて飲むそうですが、どんな味だろう。楽しみ。
蝶々が可愛い。

日記

ガムランボール

20080206211248
インドネシア土産。妹がバリから今日帰ってきたのです。
銀製だそうで、可愛らしいいい音がします。
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。